無料ブログはココログ

« 市原悦子のむかし語り:「今昔物語」“女の執念が凝って蛇となる話”(2003年、日本) | トップページ | スター・ウォーズ:対決(2001年、アメリカ) »

原田実『トンデモニセ天皇の世界』文芸社

 ニセ天皇(自称天皇)といえば真っ先に思い浮かぶのが熊沢天皇です。熊沢天皇については本書の中でも取り上げられているし(P59-68)、本書表紙のスーツ姿の男性も熊沢天皇です。
 尚、熊沢天皇の背後にいるのは後醍醐天皇であり、こちらは本物の天皇です。
 なぜここで後醍醐天皇を登場させたのかを愚考するに、熊沢天皇を始めとするニセ天皇の多くは南朝(あるいは後南朝)の末裔を称しており(例:池端天皇、三浦天皇、外村天皇)、その「南朝系子孫」の起源とされる南北朝の動乱の戦犯が後醍醐天皇だから、ではないでしょうか。

南北朝時代最大の戦犯は誰かと言われたら、それは後醍醐に背いた武家方の武士たちの誰かではなく、後醍醐その人をこそ示すべきだろう。(P111)

 とはいえ、後醍醐天皇がニセ天皇を生み出す原因というよりは寧ろ、ニセ天皇たちが自分のルーツを求めた際にそこに行き着きやすかったのでしょう。南朝は『太平記』の講談などで有名だったし、正統性がありそうに見えますからね。おまけにこの時代は戦乱で史料が不明だったりするから、なおさら付け込みやすい。

【参考文献】
原田実『トンデモニセ天皇の世界』文芸社

« 市原悦子のむかし語り:「今昔物語」“女の執念が凝って蛇となる話”(2003年、日本) | トップページ | スター・ウォーズ:対決(2001年、アメリカ) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/64955644

この記事へのトラックバック一覧です: 原田実『トンデモニセ天皇の世界』文芸社:

« 市原悦子のむかし語り:「今昔物語」“女の執念が凝って蛇となる話”(2003年、日本) | トップページ | スター・ウォーズ:対決(2001年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30