無料ブログはココログ

« RAY CHARLES THE GENIUS(2004年、カナダ) | トップページ | 市原悦子のむかし語り:「今昔物語」“女の執念が凝って蛇となる話”(2003年、日本) »

『ODAKYU VOICE home vol.59 2016 3月号』小田急電鉄

 表紙の場所は特集記事「芦ノ湖を楽しむ箱根の休日」(P02-05)に出てくる箱根の芦ノ湖。後ろに見える白い山は富士山。
 私も以前、芦ノ湖に行ったことがありますが、山中だから結構冷えていた印象があります。表紙の湖の水面が波立っているのを見ると風もそれなりに吹いているはずだから、こいつは寒そうですな。

ODAKYU VOICE home vol.59 2016 3月号

« RAY CHARLES THE GENIUS(2004年、カナダ) | トップページ | 市原悦子のむかし語り:「今昔物語」“女の執念が凝って蛇となる話”(2003年、日本) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ODAKYU VOICE home vol.59 2016 3月号』小田急電鉄:

« RAY CHARLES THE GENIUS(2004年、カナダ) | トップページ | 市原悦子のむかし語り:「今昔物語」“女の執念が凝って蛇となる話”(2003年、日本) »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31