無料ブログはココログ

« スレンダーマン:赤い点(2013年、ドイツ) | トップページ | お化けアプリ(2015年、インド) »

『せたがや音楽通信 Vol.2 2016.1-3』世田谷区

 湯川れい子(音楽評論家)のインタビューを掲載(P4-7)。
 私は名前だけ知っていたのですが、こうしてご尊顔を拝すると…強烈なビジュアルですな。いや、でも、音楽家ならこれくらいのインパクトがあってもおかしくないか。
 ちなみに本誌の記事によると彼女は「せたがやバンドバトル」の審査委員長を務めており(P7)、おそらくはその縁でこちらのインタビューが実現したものと思われます。
 ところで、インタビュー記事の中で、彼女がエルヴィス・プレスリーに会おうとして色々と努力しているくだりが出てきます。「実際に会えるまでに15年かかった」(P6)というのは凄い。
 でも、会った時のことは記事には出ていない。しゃべったけど編集で削られちゃったのかな?

せたがや音楽通信 Vol.2 2016.1-3

« スレンダーマン:赤い点(2013年、ドイツ) | トップページ | お化けアプリ(2015年、インド) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/64273395

この記事へのトラックバック一覧です: 『せたがや音楽通信 Vol.2 2016.1-3』世田谷区:

« スレンダーマン:赤い点(2013年、ドイツ) | トップページ | お化けアプリ(2015年、インド) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30