無料ブログはココログ

« 開けるな(2014年、インド) | トップページ | バットマン:悪夢の子供(2014年、イギリス) »

結城昌治「孤独なカラス」

あらすじ…カラスと呼ばれる少年がいた。彼はカラスの鳴き真似がうまく、小学校にも通わず公園をブラブラしていた。そんなある時、4歳の幼女が行方不明になる。

 巻末の解説によると、この少年はどうやら精神分裂病らしい(P371)。
 P117-118では少年と死んだ父親(のようだと少年は思っている)の会話が出てくるのですが、少々長いので引用は避けます。尚、会話の内容は支離滅裂と言ってしまえばそれまでですが、ひょっとしたらユングのローレライのように了解可能な言語があるかもしれません。
 まあ、わかったところで胸糞が悪くなるんでしょうけど。

【参考文献】
筒井康隆編『異形の白昼 恐怖小説集』筑摩書房

« 開けるな(2014年、インド) | トップページ | バットマン:悪夢の子供(2014年、イギリス) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/64479869

この記事へのトラックバック一覧です: 結城昌治「孤独なカラス」:

« 開けるな(2014年、インド) | トップページ | バットマン:悪夢の子供(2014年、イギリス) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31