無料ブログはココログ

« マリオ対リンク:傷自慢(2013年、アメリカ) | トップページ | 007 スカイモール(2013年、アメリカ) »

謡曲「邯鄲」

あらすじ…青年・盧生が邯鄲の宿へやってきて、宿の女主人が仙人から貰ったという枕を使って昼寝をする。

 こうして盧生は「邯鄲の夢」(一炊の夢)を見るわけですが、それではどんな夢を見たのかというと、自分がいきなり楚国の王になって50年の栄耀栄華を誇るというもの。
 夢の世界だから何でもありと言ってしまえばそれまでですが、一介の青年を王にしたり50年の歳月を経過させたりと、スケールがでかい。
 でも、ショボい夢だったら有り難みがないか。

【参考文献】
校注者・西野春雄『謡曲百番 新日本古典文学大系57』岩波書店

« マリオ対リンク:傷自慢(2013年、アメリカ) | トップページ | 007 スカイモール(2013年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/63665183

この記事へのトラックバック一覧です: 謡曲「邯鄲」:

« マリオ対リンク:傷自慢(2013年、アメリカ) | トップページ | 007 スカイモール(2013年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31