無料ブログはココログ

« 13日の金曜日:新しい目覚め(2013年、フランス) | トップページ | 13日の金曜日:嵐(2009年、アメリカ) »

謡曲「小袖曾我」

あらすじ…親の仇討ちを目前に控えた曾我兄弟が母親に会いに行く。

 曾我兄弟の話はあまりに有名なのでここでは解説しない。又、本作は曾我兄弟のほんの一部を切り取っているだけなので、本作だけで事足れりとするわけにはいきません。
 ところで、登場人物の中に「春日の局」(P77)というのがあってビックリ。よくよく読んでみたら曾我兄弟の乳母とのことで、徳川家光の乳母とは全くの別人です。

【参考文献】
校注者・西野春雄『謡曲百番 新日本古典文学大系57』岩波書店

【関連記事】
江戸歌舞伎「傾城阿佐間曾我(けいせいあさまそが)」
近松門左衛門『世継曾我』

« 13日の金曜日:新しい目覚め(2013年、フランス) | トップページ | 13日の金曜日:嵐(2009年、アメリカ) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/63851724

この記事へのトラックバック一覧です: 謡曲「小袖曾我」:

« 13日の金曜日:新しい目覚め(2013年、フランス) | トップページ | 13日の金曜日:嵐(2009年、アメリカ) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31