無料ブログはココログ

« バットマン対デッドプール(2013年、アメリカ) | トップページ | 地獄の台所(2007年、フランス) »

小沼丹「浄徳寺さんの車」

あらすじ…「僕」は小説家の井深鯛一に誘われて、一緒に埼玉県の浄徳寺へ行くことに。駅に着くと、浄徳寺の住職が迎えに来ていた。だが、迎えの車が実は…。

「浄徳寺さんの車」人物関係図

 井深鯛一、これは井伏鱒二をもじったものだと直感しました。そういえば、著者略歴にも「井伏鱒二に親炙し」(P388)とあります。
 それはさておき、この物語は短いながらもユーモラスに話が展開されます。汽車の中でいびき自慢(?)が出るかと思えば、坊主は坊主らしくない格好をしているし、一行が乗る車は何と…おっと、ここから先は読んでみてからのお楽しみとさせていただきましょうかね。

【参考文献】
『三田文学 創刊一〇〇年名作選』三田文学会

« バットマン対デッドプール(2013年、アメリカ) | トップページ | 地獄の台所(2007年、フランス) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/62688650

この記事へのトラックバック一覧です: 小沼丹「浄徳寺さんの車」:

« バットマン対デッドプール(2013年、アメリカ) | トップページ | 地獄の台所(2007年、フランス) »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31