無料ブログはココログ

« 特攻野郎Bチーム(2014年、アメリカ) | トップページ | シャーロック・ホームズ(目次) »

永井龍男「ある書き出し」

あらすじ…男が鎌倉駅から鉄道に乗って新橋の会社へ出勤し、仕事を終えて帰途に着く。

 特にこれといった衝撃の展開が起こることもなく日常の描写に終始しています。まあ、当時(昭和11年)の風俗はこんなものだったということがわかる作品です。
 例えばエレベーター内でエレベーターガールと女給仕がキスをしています(P200)が、これなんかを見ると今より風紀が悪かったようです。

【参考文献】
『三田文学 創刊一〇〇年名作選』三田文学会

« 特攻野郎Bチーム(2014年、アメリカ) | トップページ | シャーロック・ホームズ(目次) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/62688644

この記事へのトラックバック一覧です: 永井龍男「ある書き出し」:

« 特攻野郎Bチーム(2014年、アメリカ) | トップページ | シャーロック・ホームズ(目次) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31