無料ブログはココログ

« ジェラルド・カーシュ「破滅の種子」 | トップページ | 雪之丞変化(1963年、日本) »

レオン・ブロワ「ロンジュモーの囚人たち」

あらすじ…フールミ夫妻は結婚してロンジュモーに移り住んでいたが、二十年後に一緒に自殺してしまう。実は夫妻は、なぜかロンジュモーの町の外へ出ることができなかったのだ。

 本作の語り手は夫のフールミ氏の友人であり、フールミ氏からの手紙を紹介するという体裁を取って、どういう風に出られないのかを描写しています。又、語り手は「これが悪魔の働きに違いない」(P47)とまで言っています。
 もし仮に悪魔の働きで町の外へ出られないのだとしたら、悪魔は夫妻を町に閉じ込めておいて何のメリットが…ああそうか、自殺者の魂二人分か(※)。でも、そのために20年もかけるのは悠長なことです。

※キリスト教の教義では、自殺者は地獄へ堕ちるという。ダンテの『神曲』にも自殺した者たちの地獄がありましたっけ。

【参考文献】
米澤穂信『世界堂書店』文藝春秋

« ジェラルド・カーシュ「破滅の種子」 | トップページ | 雪之丞変化(1963年、日本) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/61839266

この記事へのトラックバック一覧です: レオン・ブロワ「ロンジュモーの囚人たち」:

« ジェラルド・カーシュ「破滅の種子」 | トップページ | 雪之丞変化(1963年、日本) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31