無料ブログはココログ

« 『ODAKYU VOICE home vol.52 2015 8月号』小田急電鉄 | トップページ | 『伊那谷ロケぶらり』伊那谷フィルムコミッション »

エクスペンダブル・レディズ(2014年、アメリカ)

監督:クリストファー・レイ
出演:クリスタナ・ローケン、ゾーイ・ベル、ヴィヴィカ・A・フォックス、ニコール・ビルダーバック、ブリジット・ニールセン
原題:Mercenaries
備考:アクション

あらすじ…アメリカ大統領の娘エリーズがカザフスタンでテロ組織に拉致され、テロ組織のリーダー・ウルリーカはアメリカ大統領を脅迫する。CIAのモナ・ケンダルは4人の女囚を招集し、エリーズ救出へ向かわせる。

「エクスペンダブル・レディズ」人物関係図

 エクスペンダブルズのパロディ作品で、しかもスタローンの元妻(ブリジット・ニールセン)が出演しているというので観ることにしました。ちなみにブリジットは悪役(ウルリーカ)で登場しています。

 さて、物語の冒頭。舞台はカザフスタン。私の目にはアメリカの荒野に見えなくもないのですが、カザフスタンだというのでとりあえずそうしておきましょう。
 で、その荒野を二台の黒塗りの車が走っていて、そのうちの一台にエリーズが乗っています。ちょっと護衛が少なすぎやしませんか?
 とそこへ、何もない道路の真ん中に物売りの男性がなぜか立ち往生していて、黒塗りの車が停止。いや、それ罠だって。まあ、私ごときでも即座に見抜けるほどだから、罠にしては稚拙ですけど。
 でも、そんな稚拙な罠にシークレット・サービスは引っかかり、案の定テロ組織の襲撃を受けて数分で全滅。弱すぎる…。

 このように、冒頭の部分だけでも突っ込みどころが多く、それはそれで楽しめます。
 それ以降も、テロ組織のメンバーたちが中央アジアの人間に見えなかったり、警備が厳重だと散々言われてきたウルリーカの要塞の警備が案外ガバガバだったり、レクシーが妙にウザかったりと、突っ込みどころは山ほど出てきます。
 低予算映画だからということもあるのでしょうが、低予算なら低予算なりに頑張る方法もあります。例えば「エル・マリアッチ」「死霊のはらわた」のように。ということは、この映画は作りが粗いということなのでしょう。

 最後に一つ。パッケージの写真からメイリン・フォンがハブられているのはなぜなんだ?

【関連記事】
エクスペンダブルズ
エクスペンダブルズ2

« 『ODAKYU VOICE home vol.52 2015 8月号』小田急電鉄 | トップページ | 『伊那谷ロケぶらり』伊那谷フィルムコミッション »

2010年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/62134083

この記事へのトラックバック一覧です: エクスペンダブル・レディズ(2014年、アメリカ):

« 『ODAKYU VOICE home vol.52 2015 8月号』小田急電鉄 | トップページ | 『伊那谷ロケぶらり』伊那谷フィルムコミッション »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30