無料ブログはココログ

« ヘレン・マクロイ「東洋趣味」 | トップページ | フィッツ=ジェイムズ・オブライエン「墓を愛した少年」 »

キャロル・エムシュウィラー「私はあなたと暮らしているけれど、あなたはそれを知らない」

あらすじ…「私」はノーラという女性の家に勝手に住み着きノーラにその存在を知られないように暮らす。

 編者(米澤穂信)による巻末の「無限なんていらない――解説にかえて」では、本作について、

「愛を描いた小説だ」とか、「これは歴史小説だ」とか、自分の中でわかりやすく片付けるためのラベリングが通じない。(P392)

 と述べています。これは無理からぬことで、そもそも主人公の「私」の正体が不明であるし、「私」が何を目的としているのか今一つわからないからです。
 ただ、もしも私がラベリングするとしたら、これは妖怪小説です。だってこの主人公、妖怪の一種であり、ノーラに憑いたのだと言えますからね。

 さて、「私」が妖怪であると判断したからには、私は彼女に名前を付けてやりましょうかね。最初に思い付いたのは「影女(かげおんな)」ですが、この名前は既に存在しているような気がするので、もう一ひねり入れて「影棲女(かげすみおんな)」…いや、それではこの妖怪がノーラの影に潜んでいるような印象を与えてしまいかねない。そうだ、影を陰に変えて「陰棲女(かげすみおんな)」と名付けておきます。

陰棲女

【参考文献】
米澤穂信『世界堂書店』文藝春秋

« ヘレン・マクロイ「東洋趣味」 | トップページ | フィッツ=ジェイムズ・オブライエン「墓を愛した少年」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/61840137

この記事へのトラックバック一覧です: キャロル・エムシュウィラー「私はあなたと暮らしているけれど、あなたはそれを知らない」:

« ヘレン・マクロイ「東洋趣味」 | トップページ | フィッツ=ジェイムズ・オブライエン「墓を愛した少年」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31