無料ブログはココログ

« 『TOKYO TREND RANKING 2015 8』東京メトロ・ぐるなび | トップページ | ジョゼフ・E・スティグリッツ、リンダ・ビルムズ『世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃』徳間書店 »

ランボー(1982年、アメリカ)

監督:テッド・コッチェフ
出演:シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、ブライアン・デネヒー
原題:First Blood
原作:ディヴィッド・マレル『一人だけの軍隊』
備考:アクション

あらすじ…ベトナム帰還兵のジョン・ランボーは戦友のもとを訪ねるが、戦友は既に死んでいた。そんな時、ランボーは町の保安官ティーゼルから不当な扱いを受けるが、ブチ切れて山中に逃走。たった一人の戦いが始まった!

「ランボー」人物関係図

 最初に観た時は、ベトナム戦争のトラウマが描かれているといっても、アクションシーンが多いからそこまでストレスは感じないなと思っていました。
 実際、映画が開始してから10数分でランボーがブチ切れて暴れ出し、逃走&戦闘開始。そこから格闘あり、カーチェイスあり、崖スタントあり、ブービートラップあり、擬態シーンあり、銃撃戦あり、洞窟探検あり、大爆発あり、と色々と盛り込まれているし、レンタルDVD収録の原作者(ディヴィッド・マレル)のオーディオコメンタリーによると「95分のうちの55分がアクションだ」そうです。
 ところが、私の場合、戦争の心の傷という問題が、後から徐々に重くのしかかってきました。
 冒頭、ランボーが戦友を訪ねるくだりが出てきますが、今にして思えば、その時の様子からしてどこかおかしい。心ここにあらず、といったような状態です。私は精神科医ではないので診断はできませんが、ランボーの心が壊れているということは感じ取れました。
 又、オーディオコメンタリーで裏話や作品の背景、ベトナム帰還兵がこの映画を視聴した際の反応を聞くと、単純に痛快なアクション映画として楽しむことは難しくなります。サメ映画とは違うのだよ、サメ映画とは。

【ベトナム戦争で精神がおかしくなった人が出てくる映画】
地獄の黙示録 特別完全版

« 『TOKYO TREND RANKING 2015 8』東京メトロ・ぐるなび | トップページ | ジョゼフ・E・スティグリッツ、リンダ・ビルムズ『世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃』徳間書店 »

1980年代映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/61632426

この記事へのトラックバック一覧です: ランボー(1982年、アメリカ):

« 『TOKYO TREND RANKING 2015 8』東京メトロ・ぐるなび | トップページ | ジョゼフ・E・スティグリッツ、リンダ・ビルムズ『世界を不幸にするアメリカの戦争経済 イラク戦費3兆ドルの衝撃』徳間書店 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31