無料ブログはココログ

« 星新一「ハナ研究所」 | トップページ | 星新一「宝船」 »

星新一「ひとつの装置」

あらすじ…研究所の所長が「一つの装置」を完成させる。それは、「なにもしない装置」だった。

 作品の冒頭で滅亡都市の描写があり、「破壊とともに襲った強い炎」(P141)などの語から人類が核戦争で滅亡した未来だと推測されます。
 研究所の所長云々の話はその滅亡前の出来事なのですが、この「なにもしない装置」が人類滅亡を見越して作られたものだとすると…おっと、ここから先はネタバレ防止のために伏せておきます。

【参考文献】
星新一『妖精配給会社』新潮社

« 星新一「ハナ研究所」 | トップページ | 星新一「宝船」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/60615520

この記事へのトラックバック一覧です: 星新一「ひとつの装置」:

« 星新一「ハナ研究所」 | トップページ | 星新一「宝船」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31