無料ブログはココログ

« 星新一「ひとつの装置」 | トップページ | 星新一「銀色のボンベ」 »

星新一「宝船」

あらすじ…借金に苦しむエヌ氏のところへ、宝船がやってくる。福を分けてくれるというのだが…。

宝船

 本書収録のショートショート「福の神」を読んだ人なら、エヌ氏がハッピーエンドを迎えられそうにないことは予想が着きます。というより、「福の神」の同工異曲でしょうな。

【参考文献】
星新一『妖精配給会社』新潮社

« 星新一「ひとつの装置」 | トップページ | 星新一「銀色のボンベ」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星新一「宝船」:

« 星新一「ひとつの装置」 | トップページ | 星新一「銀色のボンベ」 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31