無料ブログはココログ

« 五味康祐『薄桜記』新潮社(3) | トップページ | 星新一「暗示」 »

星新一「福の神」

あらすじ…エル氏は財界の大物だったアール氏の墓石を削って一かけら手に入れようとする。だが、何者かに止められ…。

 墓石を削って故人にあやかろうとする例は、鼠小僧次郎吉の墓が有名です。
 まあ、俗信の類ですし、本当に効くのなら他の有名人の墓もボロボロにされているはずですからね。

【参考文献】
星新一『妖精配給会社』新潮社

« 五味康祐『薄桜記』新潮社(3) | トップページ | 星新一「暗示」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/60615267

この記事へのトラックバック一覧です: 星新一「福の神」:

« 五味康祐『薄桜記』新潮社(3) | トップページ | 星新一「暗示」 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31