無料ブログはココログ

« 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(2) | トップページ | 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(4) »

松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(3)

第二幕あらすじ…ランカスター公爵ジョン・オヴ・ゴーントが死ぬとリチャード二世は彼の領地と財産を没収し、アイルランドに遠征する。一方、ヘンリー・ボリングブルックはその隙にイギリスへ上陸し、ノーサンバランド伯爵ヘンリー・パーシーら有力貴族が合流する。

「リチャード二世」第二幕人物関係図

 第二幕でヘンリー・パーシーとその息子ハリー・パーシー(ホットスパー)が登場します。しかも、ヘンリー・ボリングブルックのもとに馳せ参じ、以後彼らはボリングブルックの部下として立ち働きます。
 尚、ハリー・パーシーはホットスパー(熱い拍車)として有名ですが、ここでのハリー・パーシーは「ヘンリー四世」の時ほど「ホット」じゃないです。この段階ではまだそれほど活躍していないからでしょうか。

【参考文献】
松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房

【目次】
リチャード二世(1)
リチャード二世(2)
リチャード二世(3)
リチャード二世(4)
リチャード二世(5)

« 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(2) | トップページ | 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(4) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/60440251

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(3):

« 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(2) | トップページ | 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(4) »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31