無料ブログはココログ

« 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(1) | トップページ | 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(3) »

松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(2)

第一幕あらすじ…ハーフォード公爵ヘンリー・ボリングブルックとノーフォーク公爵トマス・モーブレーが対立し、決闘裁判が開かれることに。だが、決闘の直前、イギリス国王リチャード二世の裁定によって両者は国外追放される。

「リチャード二世」第一幕人物関係図

 決闘裁判とはまた古い…。あ、でも、この時代(※)ってまだまだ中世でしたっけ。
 とはいえ、決闘の直前で両者追放ということは、いわゆる喧嘩両成敗というやつですな。単純に決闘でカタをつけないあたりは、中世は中世でもそれなりに「進歩」してるんでしょうか。

※巻末の「『リチャード二世』関連年表」によると、本作で描かれているのは1398年~1401年。

【参考文献】
松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房

【目次】
リチャード二世(1)
リチャード二世(2)
リチャード二世(3)
リチャード二世(4)
リチャード二世(5)

« 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(1) | トップページ | 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(3) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/60440240

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(2):

« 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(1) | トップページ | 松岡和子訳『リチャード二世 シェイクスピア全集26』筑摩書房(3) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31