無料ブログはココログ

« 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(4) | トップページ | 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(6) »

桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(5)

 ジャクリーン夫人(P94-109)についても少々述べることにします。ジャクリーン夫人はケネディ元大統領(JFK)の夫人で、夫の死後はギリシアの海運王オナシスと再婚しました。

ジャクリーン夫人人物関係図

 JFKの女癖の悪さは今ではすっかり知れ渡っていますが、本書にもソフィア・ローレン、キム・ノヴァク、シャーリー・マクレーン、ジェーン・マンスフィールドと、華やかな名前が出てきます。その上、こんな文章が。

 しかし、なかでも圧巻なのが、やはりケネディの愛人だったマリリン・モンローと、ジャクリーンが電話でかわしたという会話だろう。
 このときジャクリーンは、モンローに、
「なんなら夫と別れてあげる。そのかわり離婚が成立して、あなたが彼と結婚したら、あなたはファースト・レディになるわけだけど、その覚悟はできていて?」
(P99)

 あの情緒不安定&遅刻魔&サボリ魔のマリイン・モンローにファースト・レディが務まるわけがない。聡明なジャクリーン夫人ならば彼女が務まらないことぐらいわかっていたはずで、だから自信たっぷりにそんなことを言ったのでしょう。

【参考文献】
桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社

« 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(4) | トップページ | 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(6) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/60007709

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(5):

« 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(4) | トップページ | 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(6) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31