無料ブログはココログ

« 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(3) | トップページ | 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(5) »

桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(4)

 今回取り上げるのは、ゼルダ・フィッツジェラルド(P85-93)。
 『華麗なるギャツビー』の作者の妻であり、『華麗なるギャツビー』のヒロイン、デイジーのモデルとなった女性です。
 本書によると若い頃のゼルダは「フラッパーの女王」(フラッパー・ファッション)として君臨していたとのことですが、今では彼女の名は夫とその作品によって残ることに。そう考えると名作の力って大きいんですなあ。

【参考文献】
桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社

【関連記事】
フィッツジェラルド『華麗なるギャツビー』(小説)
華麗なるギャツビー(1974年版映画)
華麗なるギャツビー(2013年版映画)

« 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(3) | トップページ | 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(5) »

書評(歴史)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/60007678

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(4):

« 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(3) | トップページ | 桐生操『世界史・悪女のスキャンダル』日本文芸社(5) »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31