無料ブログはココログ

« ディクスン・カー「新透明人間」 | トップページ | ディクスン・カー「ホット・マネー」 »

ディクスン・カー「空中の足跡」

あらすじ…トパム夫人が何者かに襲撃される事件が発生。容疑者として、隣家のドロシー・ブラントが浮上するが…。

「空中の足跡」人物関係図

 このテの短篇小説を読んできた経験から言わせてもらえば、こういう風に最初に容疑者と目された人物がシロだった、というケースが多い。そう考えて他の人物に目を転じてみると、誰とは言いませんがこいつはクサイなと思った人物がいました。
 そいつが犯人だったか否かについても、ネタバレ防止のために伏せておきますが、犯行の動機はさもありなんといったものだったと述べておきます。

 …え? 犯行のトリック?
 そもそもこの事件では、ドロシーの靴のサイズの足跡が二つの家の間を往復しており、それが彼女の容疑を有力なものにしています。しかし、この足跡だけで彼女を犯人と断定する筋立てならば読者は納得しないし、作者(ディクスン・カー)だってそんな下手は打たない。だとすればドロシーのものとされる足跡は偽装されたものではないのか、という推理ができないこともない。
 おっと、これ以上はネタバレになるので伏せておきます。

【参考文献】
ディクスン・カー『カー短編集1』東京創元社

« ディクスン・カー「新透明人間」 | トップページ | ディクスン・カー「ホット・マネー」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/59012343

この記事へのトラックバック一覧です: ディクスン・カー「空中の足跡」:

« ディクスン・カー「新透明人間」 | トップページ | ディクスン・カー「ホット・マネー」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31