無料ブログはココログ

« 高木卓訳『義経記』河出書房新社(5) | トップページ | 高木卓訳『義経記』河出書房新社(7) »

高木卓訳『義経記』河出書房新社(6)

巻六あらすじ…佐藤忠信が壮絶な最期を遂げる。義経が奈良に潜伏する。静御前が鶴ガ丘八幡宮で舞を見せる。

 義経は吉野を出た後、奈良の勧修坊に匿われます。でも、よくよく考えてみると、奈良は吉野よりも京都に近いし人も多い(南都と呼ばれるくらいですから)ので潜伏には不向きではないでしょうか。
 と思ったら、奈良法師の美作のセリフ(P391)にアイツは九郎判官(義経)じゃないのかというのがあって、割とあっさり身バレしています。だめだこりゃ。

【参考文献】
高木卓訳『義経記』河出書房新社

【目次】
義経記(1)
義経記(2)
義経記(3)
義経記(4)
義経記(5)
義経記(6)
義経記(7)
義経記(8)

« 高木卓訳『義経記』河出書房新社(5) | トップページ | 高木卓訳『義経記』河出書房新社(7) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/59005385

この記事へのトラックバック一覧です: 高木卓訳『義経記』河出書房新社(6):

« 高木卓訳『義経記』河出書房新社(5) | トップページ | 高木卓訳『義経記』河出書房新社(7) »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31