無料ブログはココログ

« 高木卓訳『義経記』河出書房新社(1) | トップページ | 高木卓訳『義経記』河出書房新社(3) »

高木卓訳『義経記』河出書房新社(2)

巻二あらすじ…遮那王は鏡の宿で強盗を撃退した後、熱田神宮で元服して義経と名乗る。色々あって奥州平泉へ辿り着き、藤原秀衡から歓待を受ける。ある時、義経はふと思い立って都へとんぼ返りし、鬼一法眼が秘蔵する兵法の本を読もうとする。

 鬼一法眼が持つ兵法の本とは一体どんなものだろうかと思ったら、『六韜』(P90)とのこと。『六韜』くらいの有名な書物なら平泉にもありそうなものですが…。
 それはさておき、義経がどうやって『六韜』を読むのかというと、一言で言えば「女をたらし込む」です。さすがは源氏のイケメン御曹司といったところでしょうか。
 ちなみに義経にたらし込まれた娘(鬼一法眼の末娘)は、用済みになるや義経に捨てられ、嘆き死にを遂げます。享年16歳。ひどい話だ。

【参考文献】
高木卓訳『義経記』河出書房新社

【目次】
義経記(1)
義経記(2)
義経記(3)
義経記(4)
義経記(5)
義経記(6)
義経記(7)
義経記(8)

« 高木卓訳『義経記』河出書房新社(1) | トップページ | 高木卓訳『義経記』河出書房新社(3) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/59005301

この記事へのトラックバック一覧です: 高木卓訳『義経記』河出書房新社(2):

« 高木卓訳『義経記』河出書房新社(1) | トップページ | 高木卓訳『義経記』河出書房新社(3) »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31