無料ブログはココログ

« 柘植久慶『アルデンヌの古城』実業之日本社 | トップページ | 牧逸馬「東京G街怪事件」 »

牧逸馬「神々の笑ひ」

あらすじ…ケチな野々宮さんが電車に乗っていると、男女の会話が聞こえてきた。どうやら、盗品の首飾りを売り捌きたいらしい。

「神々の笑ひ」人物関係図

 そもそも犯罪の密談というものは、電車の中という、不特定多数の人間がいる場所でやるものではありません。誰が聞いているか知れたものではないですからね。その「不自然さ」に気付かないと…。

【参考文献】
牧逸馬『牧逸馬探偵小説選』論争社

« 柘植久慶『アルデンヌの古城』実業之日本社 | トップページ | 牧逸馬「東京G街怪事件」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/58125615

この記事へのトラックバック一覧です: 牧逸馬「神々の笑ひ」:

« 柘植久慶『アルデンヌの古城』実業之日本社 | トップページ | 牧逸馬「東京G街怪事件」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31