無料ブログはココログ

« 中野京子『危険な世界史 血族結婚篇』角川書店 | トップページ | 『1up 2014 October 第1号』(株)ワンナップ »

松本清張「梟示抄」

あらすじ…明治7年。大久保利通率いる官軍は佐賀の乱を鎮圧したが、首謀者の江藤新平は逃走していた。

「梟示抄」人物関係図

 江藤新平が逃亡犯として描かれています。
 もしも江藤新平の逃走ルート上に鉄道があったなら、松本清張のことだから時刻表を駆使して…って、さすがにそれはないか。明治7年じゃ鉄道の敷設はまだまだ進んでいないし、仮にあったとしても駅に捜査の網が張られているはずですからね。

【参考文献】
松本清張『西郷札』新潮社

« 中野京子『危険な世界史 血族結婚篇』角川書店 | トップページ | 『1up 2014 October 第1号』(株)ワンナップ »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/58322085

この記事へのトラックバック一覧です: 松本清張「梟示抄」:

« 中野京子『危険な世界史 血族結婚篇』角川書店 | トップページ | 『1up 2014 October 第1号』(株)ワンナップ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30