無料ブログはココログ

« 舞の本「景清」 | トップページ | パンと恋と夢(1953年、イタリア) »

舞の本「未来記」

あらすじ…牛若丸は毎夜、鞍馬の奥の僧正が崖で兵法修行に励んでいた。それを見た天狗たちは、牛若丸を本坊に招いて歓待し、未来の有様を見せる。

 天狗たちは牛若丸に未来を見せた後、「さてその後に、牛若殿、兄に憎まれ給ふなよ。梶原に心許すべからず。兄弟の仲不和ならば、その身の運は尽くべきなり」(P311)との警告を発します。
 シェイクスピアの『マクベス』でマクベスが魔女たちのもとを訪れるくだりを思い出しますな。そういえばマクベスも最期は非業の死を遂げるんでしたっけ。

【参考文献】
『舞の本 新日本古典文学大系59』岩波書店

« 舞の本「景清」 | トップページ | パンと恋と夢(1953年、イタリア) »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57830672

この記事へのトラックバック一覧です: 舞の本「未来記」:

« 舞の本「景清」 | トップページ | パンと恋と夢(1953年、イタリア) »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30