無料ブログはココログ

« ガルシン「信号」 | トップページ | ガルシン「アッタレーア・プリンケプス」 »

ガルシン「夢がたり」

あらすじ…馬や虫たちが会話する。

 本作を読み終えてから他事にかまけて1ヶ月以上経過し、
「そういえば…」
 と思い出してレビューを執筆しようと思ったら、彼らの会話の内容をすっかり忘れていました。
 そこで改めて読み返してみると、彼らの会話の中に寓意が込められていることが感じ取れました。ただし、その寓意が何であるかまでは読み込みが浅いためかうまく説明できません。

【参考文献】
ガルシン『あかい花 他四篇』岩波書店

« ガルシン「信号」 | トップページ | ガルシン「アッタレーア・プリンケプス」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57995836

この記事へのトラックバック一覧です: ガルシン「夢がたり」:

« ガルシン「信号」 | トップページ | ガルシン「アッタレーア・プリンケプス」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31