無料ブログはココログ

« 舞の本「伊吹」 | トップページ | 舞の本「敦盛」 »

舞の本「硫黄が島」

あらすじ…平清盛「娘の中宮徳子が懐妊したので大赦を行う。硫黄が島に流した藤原成経・平康頼を赦免する。ただし俊寛、てめーはダメだ」

「硫黄が島」人物関係図

 物語は早々に京から硫黄が島へと舞台を転じ、物語の後半では成経・康頼が信仰する熊野権現を勧請して熊野詣での真似事をしています。
 困った時の神頼みというやつですか。

【参考文献】
『舞の本 新日本古典文学大系59』岩波書店

« 舞の本「伊吹」 | トップページ | 舞の本「敦盛」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57830644

この記事へのトラックバック一覧です: 舞の本「硫黄が島」:

« 舞の本「伊吹」 | トップページ | 舞の本「敦盛」 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30