無料ブログはココログ

« 舞の本「敦盛」 | トップページ | 舞の本「未来記」 »

舞の本「景清」

あらすじ…平家の侍大将だった悪七兵衛景清は、上洛した源頼朝を暗殺しようと付け狙うが、畠山重忠に看破され失敗する。

「景清」人物関係図

 謡曲「景清」とは別物の話(※)なのでご注意を。

 ところで、この物語によれば景清は37回も暗殺に挑戦して宿願を果たせずに逃亡しています。37回も連続して失敗する景清も景清ですが、その景清を捕縛も殺害もできない鎌倉武士が無能すぎます。
 この後も景清の超人的な活躍が描写されるのですが、それを読んでいると、
「こんな超人が平家方にいたのなら、なんで源平の合戦で平家は敗れたんだ?」
 と思わずにはいられなくなります。

※『謡曲百番』をチェックしたところ、謡曲「景清」は景清の娘が父親に会いに行く話でした。

【参考文献】
『舞の本 新日本古典文学大系59』岩波書店

« 舞の本「敦盛」 | トップページ | 舞の本「未来記」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57830668

この記事へのトラックバック一覧です: 舞の本「景清」:

« 舞の本「敦盛」 | トップページ | 舞の本「未来記」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31