無料ブログはココログ

« パンと恋と夢(1953年、イタリア) | トップページ | 福山隆&宮本一路『2013年、中国・北朝鮮・ロシアが攻めてくる 日本国防の崩壊』幻冬社 »

ロバート・B・パーカー『アパルーサの決闘』早川書房

あらすじ…牧場主ブラッグが牛耳る無法の町アパルーサに、ヴァージル・コールが新保安官として乗り込む。

『アパルーサの決闘』人物関係図

 これの映画版(エド・ハリス主演)を観ていたので読んでみる気になった作品。
 映画の方は地味で渋い作風でしたが、原作の小説もまた然り。だとすれば、あの映画は原作の持ち味をうまく活かしているということか。
 ちなみに付け加えておくと、インディアンが引き上げた理由が小説には書いてあります。映画ではわからなかったのですが、なるほどそういう文化でしたか(ネタバレ防止のために伏せておきます)。

【関連記事】
アパルーサの決闘(映画)

【参考文献】
ロバート・B・パーカー『アパルーサの決闘』早川書房

« パンと恋と夢(1953年、イタリア) | トップページ | 福山隆&宮本一路『2013年、中国・北朝鮮・ロシアが攻めてくる 日本国防の崩壊』幻冬社 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57836709

この記事へのトラックバック一覧です: ロバート・B・パーカー『アパルーサの決闘』早川書房:

« パンと恋と夢(1953年、イタリア) | トップページ | 福山隆&宮本一路『2013年、中国・北朝鮮・ロシアが攻めてくる 日本国防の崩壊』幻冬社 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31