無料ブログはココログ

« マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー『刑事マルティン・ベック 笑う警官』角川書店 | トップページ | 『東京おさぼり帳』メディアバル »

七穂美也子『悪魔様のお気に入り』集英社

あらすじ…魔界<自殺者の森>に住む超絶美貌の魔王、魁偉公子シトリ。旅の道中彼が拾ったのは、魔法のリボンで体をがんじがらめにされた巨大な狼。シトリは北方の神々に封じられたその危険な魔物フェンリルを「愛玩物」として飼うことに決めたのだが!?(裏表紙の紹介文より引用)

『悪魔様のお気に入り』人物関係図

 まず最初に断わっておきます。エロ(それも男色)描写注意。

 シトリが飼い主でフェンリルがペットという主従関係ならば、シトリが攻めでフェンリルが受けなのかなと思ったら違いました。エピソード1のベッドシーンを読んでみると、最初こそシトリがリードしていたものの、本番行為の段階ではフェンリルの方が挿入していました。
 シトリは受けの方が好きなのか、あるいはフェンリルの尻を開発するのが面倒だったのか、ノンケの私にはよくわかりませんな。

【参考文献】
七穂美也子『悪魔様のお気に入り』集英社

« マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー『刑事マルティン・ベック 笑う警官』角川書店 | トップページ | 『東京おさぼり帳』メディアバル »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57526511

この記事へのトラックバック一覧です: 七穂美也子『悪魔様のお気に入り』集英社:

« マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー『刑事マルティン・ベック 笑う警官』角川書店 | トップページ | 『東京おさぼり帳』メディアバル »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30