無料ブログはココログ

« 舞の本「百合若大臣」(1) | トップページ | 舞の本「満仲」 »

舞の本「百合若大臣」(2)

あらすじ…無人島から帰還した百合若大臣は昔の面影はなく、苔丸と呼ばれて別府に召し使われる。だが、百合若大臣は密かに復讐の機会を窺っていた。

「百合若大臣」人物関係図(2)

 「百合若大臣」は『オデュセイアー(ユリシーズ)』の翻案とも言われています。今回はその説に従って少々考察してみたいと思います。
 オデュセウスは弓を取って妻への求婚者たちを射殺しましたが、百合若大臣は弓こそ取るものの矢を放つことなく、別府を残虐な方法で処刑します(七日七夜に渡って鋸で首を引く)。
 日本ではただ単に射殺するだけでは物足りなかったようです。

【参考文献】
『舞の本 新日本古典文学大系59』岩波書店

« 舞の本「百合若大臣」(1) | トップページ | 舞の本「満仲」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57830590

この記事へのトラックバック一覧です: 舞の本「百合若大臣」(2):

« 舞の本「百合若大臣」(1) | トップページ | 舞の本「満仲」 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30