無料ブログはココログ

« 舞の本「満仲」 | トップページ | 舞の本「硫黄が島」 »

舞の本「伊吹」

あらすじ…平治の乱に敗れた源頼朝は逃亡中に捕まり、処刑されそうになるが、池殿(池禅尼)の手により助命される。

「伊吹」人物関係図

 タイトルが「伊吹」となっているのは、源頼朝を匿った庄司の住まいが伊吹山麓の草野庄にあったから。もっとも、伊吹を舞台とするのは物語の前半までで、後半は京を舞台として展開されます。
 それにしても池禅尼が牛車を急がせて六条河原(処刑場)へ駆けつけるさまはアグレッシブですなあ。

【参考文献】
『舞の本 新日本古典文学大系59』岩波書店

« 舞の本「満仲」 | トップページ | 舞の本「硫黄が島」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57830624

この記事へのトラックバック一覧です: 舞の本「伊吹」:

« 舞の本「満仲」 | トップページ | 舞の本「硫黄が島」 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30