無料ブログはココログ

« 山本周五郎「少年間諜X13号」 | トップページ | 山本周五郎「胡椒事件」 »

山本周五郎「人間紛失」

あらすじ…金沢家の小間使い・ジュリやが衆人環視の中、奇術の箱から消え失せてしまった。

「人間紛失」人物関係図

 本作品が収録されている本のタイトル『スパイ小説』から見て察しが付くと思いますが、これはスパイ絡みの事件です。それではなぜスパイが絡むのかというと、電気学者の金沢正三博士の研究内容が機密に関わるものだからです。
 でも、機密を盗み出すのに、わざわざあんな目立つところで大がかりな仕掛けを使いますかねえ。

【参考文献】
山本周五郎『山本周五郎探偵小説全集 第五巻 スパイ小説』論争社

« 山本周五郎「少年間諜X13号」 | トップページ | 山本周五郎「胡椒事件」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57525274

この記事へのトラックバック一覧です: 山本周五郎「人間紛失」:

« 山本周五郎「少年間諜X13号」 | トップページ | 山本周五郎「胡椒事件」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31