無料ブログはココログ

« 泉鏡花「凱旋祭」 | トップページ | 古山高麗雄「北朝鮮を訪ねた」 »

泉鏡花「琵琶伝」

あらすじ…酷薄な軍人が妻の愛人である脱営兵を妻の面前で銃殺刑に処する(P274,巻末の「解説」より引用)

「琵琶伝」人物関係図

 この作品の最後は、

 「ツウチャン、ツウチャン、ツウチャン。」
 と二たび三たび、谺を返して、琵琶は連(しきり)に名を呼べり。琵琶は連に名を呼べり。
(P160-161)

 と、「琵琶は連に名を呼べり」を繰り返して物語を終えています。この部分を読んで、あ、ここは能だな、と思い至りました。『謡曲百番』を読んでいた甲斐があったというものです。

【参考文献】
泉鏡花『外科室・海城発電 他五篇』岩波書店

« 泉鏡花「凱旋祭」 | トップページ | 古山高麗雄「北朝鮮を訪ねた」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57525431

この記事へのトラックバック一覧です: 泉鏡花「琵琶伝」:

« 泉鏡花「凱旋祭」 | トップページ | 古山高麗雄「北朝鮮を訪ねた」 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30