無料ブログはココログ

« 江戸妖怪大図鑑 in 太田記念美術館 | トップページ | 山本周五郎「少年間諜X13号」 »

泉鏡花「外科室」

あらすじ…貴船伯爵夫人の胸の切開手術が行われることになるが、婦人は麻酔の使用を拒否する。麻酔を使うと、うわ言で大事な秘密を口にしてしまうからだという。高峰医師は麻酔なしで執刀する。

「外科室」人物関係図

 麻酔を使ったら秘密をしゃべってしまうというのならば、まずは伯爵や画師などの見物人をシャットアウトしましょうよ。又、医師や看護婦には、職務上知り得た患者のプライバシーを秘匿する義務(守秘義務)があるから、そこは信頼していただくとして…。
 とまあ、これじゃあ泉鏡花の世界は台無しか。

【参考文献】
泉鏡花『外科室・海城発電 他五篇』岩波書店

« 江戸妖怪大図鑑 in 太田記念美術館 | トップページ | 山本周五郎「少年間諜X13号」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57229208

この記事へのトラックバック一覧です: 泉鏡花「外科室」:

« 江戸妖怪大図鑑 in 太田記念美術館 | トップページ | 山本周五郎「少年間諜X13号」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31