無料ブログはココログ

« 泉鏡花「琵琶伝」 | トップページ | 鉄斎 TESSAI in 出光美術館 »

古山高麗雄「北朝鮮を訪ねた」

あらすじ…北朝鮮を訪ねた。

 1995年の北朝鮮訪問を綴ったエッセイ。著者は出生地の新義州へどうにかして行こうとしています。

 それはさておき、1995年といえば日本では阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が起こった年です。
 さすがにこの頃には「北朝鮮は地上の楽園」だと本気で信じている人はいなくなっており(信じているフリをしている人ならいるかもしれませんが)、本作でも楽園だと描写してはいません。
 ただし、著者はこのように書いて「逃げ」を打っています。

 なにしろ、この国では、見せたいものと見られてもいいものしか見せないのだから、私たちには何もわからないのである。北朝鮮に関する本が、いろいろと出ているが、それらを読んでも、どこまでが悪意なのか、誇張なのか、あるいは嘘なのか、私にはよくわからないのである。(P317)

 公開されている情報を分析すればわかることだってあるし(※)、現地に赴けば北朝鮮が隠そうとしても隠しきれない部分だって(見ようと思えば)見えてくるんじゃないでしょうか。

※例えば葬儀の参列者名簿をチェックして、権力者たちの序列を確認したりできます。

【参考文献】
古山高麗雄『妻の部屋 遺作十二篇』文藝春秋

« 泉鏡花「琵琶伝」 | トップページ | 鉄斎 TESSAI in 出光美術館 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57525465

この記事へのトラックバック一覧です: 古山高麗雄「北朝鮮を訪ねた」:

« 泉鏡花「琵琶伝」 | トップページ | 鉄斎 TESSAI in 出光美術館 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30