無料ブログはココログ

« 山本周五郎「翼ある復讐鬼」 | トップページ | 泉鏡花「琵琶伝」 »

泉鏡花「凱旋祭」

あらすじ…1895年、巽公園で戦争の勝利を祝う凱旋祭が開催される。

 ここでいう戦争とは日清戦争(1894~1895年)のことであり、生首提灯に弁髪がついているのはそれが清国兵の首を擬しているからです。
 ただし、本作の記述を真に受けてしまう読者が万に一つもいるかもしれないので念の為に言っておくと、巻末の「解説」に「全体の記述が実景に即しているとは到底考えられない」(P276)とある通り、生首提灯も泉鏡花の幻視の一つです。
 そんなことを考えながら生首提灯のイラストを描いてみると、何だか妖怪の一種に見えてこなくもない。

生首提灯

【参考文献】
泉鏡花『外科室・海城発電 他五篇』岩波書店

« 山本周五郎「翼ある復讐鬼」 | トップページ | 泉鏡花「琵琶伝」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57525389

この記事へのトラックバック一覧です: 泉鏡花「凱旋祭」:

« 山本周五郎「翼ある復讐鬼」 | トップページ | 泉鏡花「琵琶伝」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30