無料ブログはココログ

« 山本周五郎「猫眼レンズ事件」 | トップページ | 泉鏡花「凱旋祭」 »

山本周五郎「翼ある復讐鬼」

あらすじ…航空力学の第一人者・角南欣一博士の屋敷でパーティーが開かれた。その夜、翼を持った怪人が博士の一人娘・由美子を攫って行った。助手の細川省吉は独自に捜査する。

「翼ある復讐鬼」人物関係図

 本作の著者が山本周五郎ではなくて江戸川乱歩だったならば、この怪人の正体はきっと怪人二十面相で、明智小五郎と追いかけっこをするんでしょうかねえ。この事件の犯人にはさすがに二十面相ほどの知力・体力はありませんでしたか。

【参考文献】
山本周五郎『山本周五郎探偵小説全集 第五巻 スパイ小説』論争社

« 山本周五郎「猫眼レンズ事件」 | トップページ | 泉鏡花「凱旋祭」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57525356

この記事へのトラックバック一覧です: 山本周五郎「翼ある復讐鬼」:

« 山本周五郎「猫眼レンズ事件」 | トップページ | 泉鏡花「凱旋祭」 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30