無料ブログはココログ

« カミュ「転落」 | トップページ | 林不忘「怪談抜地獄」 »

林不忘「のの字の刀痕」

あらすじ…長屋で死体が発見される。状況から自殺と判断されるが、不審を抱いた勘弁勘次は親分の釘抜藤吉に相談する。

「のの字の刀痕」人物関係図

 死体の身許は服装からお御輿栄太と判断されます。というのは、死体の顔面は熱湯を浴びていて判別が付かなかったからです。
 …ん? 顔が判別できない? そういう場合、すり替えのトリックが行われたと見るのが妥当です。

【参考文献】
林不忘『林不忘探偵小説選』論争社

« カミュ「転落」 | トップページ | 林不忘「怪談抜地獄」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/56770296

この記事へのトラックバック一覧です: 林不忘「のの字の刀痕」:

« カミュ「転落」 | トップページ | 林不忘「怪談抜地獄」 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31