無料ブログはココログ

« 林不忘「宇治の茶箱」 | トップページ | 林不忘「怨霊首人形」 »

林不忘「お茶漬け音頭」

あらすじ…不思議な小唄を歌う狂女・お艶が江戸の評判となっていた。小唄でネタにされた近江屋は困ってしまい…。

「お茶漬け音頭」人物関係図

「あれ見しゃんせ。この近江屋さんは妾の店で御座んす――」
 言いかけたお艶の顔を、藤吉は笠を撥ね上げて凝然と見据えた。
(P152)

 さすがは釘抜藤吉、犯罪の臭いを嗅ぎ取っているようです。

【参考文献】
林不忘『林不忘探偵小説選』論争社

« 林不忘「宇治の茶箱」 | トップページ | 林不忘「怨霊首人形」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/57189335

この記事へのトラックバック一覧です: 林不忘「お茶漬け音頭」:

« 林不忘「宇治の茶箱」 | トップページ | 林不忘「怨霊首人形」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31