無料ブログはココログ

« アガサ・クリスティー「百万ドル債権盗難事件」 | トップページ | アガサ・クリスティー「エジプト墳墓の謎」 »

アガサ・クリスティー「猟人荘の怪事件」

あらすじ…ポアロがインフルエンザで寝込んでいると、ロジャー・ヘイヴァリングが訪ねてきて同居している叔父が殺された件を調査してほしいと言ってくる。そこでポアロは自分の代わりにヘイスティングスを彼に同行させることにする。

「猟人荘の怪事件」人物関係図

 「猟人」と聞くと何やら猟奇的な感じがしないでもないですが、「猟人荘の怪事件」の原題は"The Mystery of Hunter's Lodge"であり、「猟人」とは"Hunter"(狩人)を和訳したものです。
 なんだ、ハンターだったか。あ、でも、「ハンター荘の怪事件」よりはおどろおどろしくていいか。

【参考文献】
アガサ・クリスティー『ポアロ登場』早川書房

« アガサ・クリスティー「百万ドル債権盗難事件」 | トップページ | アガサ・クリスティー「エジプト墳墓の謎」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/56401888

この記事へのトラックバック一覧です: アガサ・クリスティー「猟人荘の怪事件」:

« アガサ・クリスティー「百万ドル債権盗難事件」 | トップページ | アガサ・クリスティー「エジプト墳墓の謎」 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30