無料ブログはココログ

« アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(13) | トップページ | 日本郵便切手商協同組合編『日本切手カタログ2007』 »

アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(14)

 「第十四章 東方路線か東方政策か」(P340-375)では第十三章に引き続き外交政策について述べていますが、この第十四章をものすごく簡単に要約すると、
「ドイツ民族が繁栄するには新しい土地が必要だ。だから東へ領土を拡大しようぜ!」
 というものです。ここで言う東とは、本章を読む限りでは「ロシアとそれに従属する周辺国家」(P358)を指すものと思われます。
 もちろんヒトラーが力説する領土拡大には武力行使を伴うわけで、後のポーランド侵攻やバルバロッサ作戦を思い起こさずにはいられません。

【参考文献】
アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店

『わが闘争』(目次)

« アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(13) | トップページ | 日本郵便切手商協同組合編『日本切手カタログ2007』 »

書評(政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/56401683

この記事へのトラックバック一覧です: アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(14):

« アドルフ・ヒトラー『わが闘争(下)』角川書店(13) | トップページ | 日本郵便切手商協同組合編『日本切手カタログ2007』 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30