無料ブログはココログ

« 星新一「転機」 | トップページ | 星新一「宇宙の指導員」 »

星新一「宇宙のネロ」

あらすじ…ある時、空飛ぶ円盤がやってきて、地球人に娯楽を提供しろと要求する。地球人はテレビ番組を提供することにしたが…。

 空飛ぶ円盤が飛来する前の地球人同士の会話の中で、こんなセリフがあります。

「なんとこのごろのテレビ番組のつまらないこと。出演者は変りばえがしないし、ストーリーもマンネリだ。少しは知恵をしぼったらどうなんだ」(P141)

 なんだ、テレビ番組がつまらなくなったと言われるようになったのは最近のことだけじゃなくて、星新一の時代にも言われていたのか。

宇宙のネロ

【参考文献】
星新一『ボンボンと悪夢』新潮社

« 星新一「転機」 | トップページ | 星新一「宇宙の指導員」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/56198274

この記事へのトラックバック一覧です: 星新一「宇宙のネロ」:

« 星新一「転機」 | トップページ | 星新一「宇宙の指導員」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31