無料ブログはココログ

« 星新一「乾燥時代」 | トップページ | 星新一「転機」 »

星新一「囚人」

あらすじ…刑務所の屋上で囚人と看守が会話する。

 冒頭の会話からして何か妙なところがありますが、その理由は物語の後半で明らかになります。
 それにしても、二人の会話はどこかのどかな感じを受けます。後半の凄惨な展開と対比すると、それが一層きわ立ちます。

【参考文献】
星新一『ボンボンと悪夢』新潮社

« 星新一「乾燥時代」 | トップページ | 星新一「転機」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/56198221

この記事へのトラックバック一覧です: 星新一「囚人」:

« 星新一「乾燥時代」 | トップページ | 星新一「転機」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30