無料ブログはココログ

« 三津田信三「夢の家」 | トップページ | 三津田信三「ルームシェアの怪」 »

三津田信三「ついてくるもの」

あらすじ…女子高生が空き家に侵入して、家の裏にあった雛壇のお姫様の人形をパクる。それ以来、数々の不幸が彼女を襲う。

 「明らかに憑き物のテーマに分類できる事例なのに、その正体がさっぱり分からない話」(P36)の一つとして紹介されています。
 雛人形は一種の依り代だから、そこに「何か」が憑いていたとしてもおかしくはありませんが、お姫様の雛人形そのものが憑き物となっていたのかもしれません。
 ともあれ、とりあえずこの怪異を「姫の雛憑き」と呼んでおくことにします。

【参考文献】
三津田信三『ついてくるもの』講談社

« 三津田信三「夢の家」 | トップページ | 三津田信三「ルームシェアの怪」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三津田信三「ついてくるもの」:

« 三津田信三「夢の家」 | トップページ | 三津田信三「ルームシェアの怪」 »

2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30