無料ブログはココログ

« 山本周五郎「廃灯台の怪鳥」 | トップページ | 山本周五郎「荒城の月」 »

山本周五郎「水中の怪人」

あらすじ…帝都に河童が出没し、その噂で持ちきりになった。そんなある時、洋上で謎の誘拐事件が起きる。

 江戸川乱歩の小説で怪人二十面相のコスプレの数々を読んできた私には、今回の河童は少々物足りない感じがしないでもなかったです。乱歩作品だったら「河童怪人」との追跡劇くらいはあったかもしれません。

【参考文献】
『山本周五郎探偵小説全集4 海洋冒険譚』作品社

« 山本周五郎「廃灯台の怪鳥」 | トップページ | 山本周五郎「荒城の月」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/56138168

この記事へのトラックバック一覧です: 山本周五郎「水中の怪人」:

« 山本周五郎「廃灯台の怪鳥」 | トップページ | 山本周五郎「荒城の月」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31