無料ブログはココログ

« 山本周五郎「水中の怪人」 | トップページ | 山本周五郎「海浜荘の殺人」 »

山本周五郎「荒城の月」

あらすじ…平松信之子爵は財宝が埋まっているとされる白鷹城址の発掘を指揮していた。だが、そこへ幽霊騒動が持ち上がり、発掘が頓挫しそうになる。

 人物関係図は以下の通り。

Photo_18

 登場人物が少ないので犯人探しには不向きです。
 ところで、「荒城の月」といえば有名な歌ですが、その歌が作品中にも出てきます。信之と正子の荒城の月デート…リア充爆発しろ。

【参考文献】
『山本周五郎探偵小説全集4 海洋冒険譚』作品社

« 山本周五郎「水中の怪人」 | トップページ | 山本周五郎「海浜荘の殺人」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/56138198

この記事へのトラックバック一覧です: 山本周五郎「荒城の月」:

« 山本周五郎「水中の怪人」 | トップページ | 山本周五郎「海浜荘の殺人」 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31