無料ブログはココログ

« 『G get press MAR.2014 VOL.146』ゲオ | トップページ | 『キノベス!』紀伊國屋書店 »

エラリー・クイーン『ローマ帽子の謎』創元社

あらすじ…ニューヨークのローマ劇場で悪徳弁護士モンティー・フィールドが殺された。そしてなぜかフィールドの帽子がなくなっていた。クイーン父子が捜査に乗り出す。

 エラリー・クイーンの作品は短篇を中心に何本が読んできましたが、国名シリーズはこれが初めてです。尚、ローマは現在はイタリアの首都であって国名ではありませんが、古代ローマなら国名でもあるので問題はありますまい。
 ちなみに、犯行現場がローマ劇場というだけですので、事件とローマは直接関係があるわけではないようです。

 さて、それでは人物関係図をご覧下さい。尚、クイーン父子や検事、その他枝葉末節は省略してあります。

『ローマ帽子の謎』人物関係図

 おっと、いかんいかん。劇場の支配人と女優たちがはぐれてしまったぞ。まあ、彼らとスティーヴン・バリーを「劇場関係者」としてくくっておけばいいのかもしれませんな。

【参考文献】
エラリー・クイーン『ローマ帽子の謎』創元社

« 『G get press MAR.2014 VOL.146』ゲオ | トップページ | 『キノベス!』紀伊國屋書店 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エラリー・クイーン『ローマ帽子の謎』創元社:

« 『G get press MAR.2014 VOL.146』ゲオ | トップページ | 『キノベス!』紀伊國屋書店 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31