無料ブログはココログ

« 山本周五郎「囮船第一号」 | トップページ | 山本周五郎「新造船の怪」 »

山本周五郎「死の棺桶島」

あらすじ…和木博士一行は棺桶島へ研究調査に来ていた。しかし近くの村で雇った男たちが、村に帰してほしいと言い出す。事情を訊くと、新月から7日の間は巨大な赤えいがこの島で同族を集めて禊をするので、その間は足を踏み入れてはならない、もしその禁を破れば赤えいの尻尾の毒針で突き殺されるという。和木博士は信じなかったが、とりあえず村人たちを帰す。そしてその晩、当直の加村一郎が殺される。

「死の棺桶島」人物関係図

 研究生8人の内、名前がわかっているのは殺された加村一郎と、殺人現場へ一緒に急行した横井平太のみ。あとの6名は名前すら出てきません。
 又、横井平太だって「曾て相撲部の選手で鳴らした」(P132-133)とあることから、いざという時の腕っ節の強さを買われたのでしょうが、そんなものが活躍する機会もなく話を終えています。あ、でも、加村一郎の遺体を運ぶのには役立ったか。

【参考文献】
『山本周五郎探偵小説全集4 海洋冒険譚』作品社

« 山本周五郎「囮船第一号」 | トップページ | 山本周五郎「新造船の怪」 »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/56137997

この記事へのトラックバック一覧です: 山本周五郎「死の棺桶島」:

« 山本周五郎「囮船第一号」 | トップページ | 山本周五郎「新造船の怪」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31