無料ブログはココログ

« 『京成らいん 2014年4月号 vol.660』京成電鉄 | トップページ | 『トリコ No.80 Apr.2014』株式会社かみんぐ »

ポール・アルテ『カーテンの陰の死<ツイスト博士シリーズ>』早川書房

あらすじ…頭皮を剥いだ刺殺体が発見された。殺人現場に偶然居合わせたマージョリーは、犯人と同じ服装をした謎の人物が、自分の下宿に入ってくるのを目撃する。(裏表紙の紹介文より引用)

 下宿屋の各階の住人は以下の通り。

ホクストン通り48番の下宿屋

 作品の冒頭でハースト警部と会っていた老女がヴァイオレット・ガーフィールドだと気付くのに少し時間がかかりました。
 ところで彼女は、ある人物が殺人を犯そうとしていると警部に告げていますが、これって死亡フラグですよねえ。

【殺した相手の頭皮を剥ぐシーンが出てくる映画】
イングロリアス・バスターズ

【参考文献】
ポール・アルテ『カーテンの陰の死<ツイスト博士シリーズ>』早川書房

« 『京成らいん 2014年4月号 vol.660』京成電鉄 | トップページ | 『トリコ No.80 Apr.2014』株式会社かみんぐ »

書評(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277935/56137469

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・アルテ『カーテンの陰の死<ツイスト博士シリーズ>』早川書房:

« 『京成らいん 2014年4月号 vol.660』京成電鉄 | トップページ | 『トリコ No.80 Apr.2014』株式会社かみんぐ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30